aerial photo of people walking on road

2020渋谷ハロウィンは大丈夫だろうか?「ついでハロウィン」効果がでるのか?

渋谷区が今年のハロウィンについていろいろと呼びかけをしたり、バーチャル渋谷などを用意したりしています。また募金になるからと、高いマスクを販売も開始しました。

今年のハロウィン仮装はマスク仮装で? という同調圧力が多くなってきたようです。

そもそもマスクはコロナウィルスの感染拡大防止のためのもの、たまたま急速な使用量増加のため不織布マスクの不足により手づくりの布マスクの着用が増え、さらにコロナビジネスで儲けようとたくさんの業者が多様なデザインのマスクを販売しました。また透明のフェイスシールドでもなく口のまわりだけのフェイスシールドをして飛沫からこぼれるウィルスだだもれでも気にならない環境になってきています。

コロナの蔓延でマスクをすることが日常になっており、デザインや機能性のよいマスクもしている方が多いなか、マスクで仮装したところ今までのような楽しさはないでしょう?

マスク仮装がニューノーマルの楽しみ方であると提唱するのには違和感がありすぎます。

渋谷ハロウィンは今まで問題があったのに適切な対策をせず、警備や条例という圧力で抑え超えようとしました。しかし渋谷の魅力で集まってくる若者たちのパワーがうわまってきていました。またメディアも騒ぎの風景ばかりの報道で渋谷は危ない、怖い、ハロウィンが悪い、ハロウィンなんかそもそも外国文化だから? とか誤ったハロウィンのイメージを国民の多くにすりこんでしまいました。

地域でハロウィンで町おこしをして地域活性化をしている地域のハロウィン主催者にはかなり迷惑をかけています。また純粋にハロウィンが好きな子供たちにも悪影響を与えているのです。

またバーチャル渋谷という仮想空間でハロウィンを楽しんでくださいとも呼びかけていますが、

これはただのバーチャル空間のイベントでハロウィンには向いてないと感じます。ハロウィンの混雑で感染拡大防止のためなら、お笑い芸人のやアーチストとかはいらないないのでいかに、リアルな渋谷とオンラインで同期化できるかということを重視してもらいたいものです。

昨年渋谷で仮装した楽しんで、今年も参加しようと考えていたひとたちのバーチャル渋谷への参加はすくないでしょう。アバターを仮装させたり、画像をアプリで仮装させることならいつでもできます。どうもK社の5G宣伝の戦略に渋谷区はのせられてしまっのでしょう。

渋谷へ集まらないで

ステイバーチャル

の呼びかけもたぶん皆につたわりそうもありません。

コロナ禍のハロウィンで地域のハロウィンの対策を調査して分析してる日本ハッピーハロウィン協会としては、これだけでは逆効果になり2018年の暴徒化のように問題が起きてもおかしくないと分析している。バーチャル渋谷の中でもサーバーダウンや、ウィルス感染、アバターによる他のアバターへの迷惑行為、アバター暴走がおきる前提で対策していないとかなりやばいことになるでしょう。

今年の渋谷ハロウィンのメディア報道を予想する

今年もおうちハロウィン、オンラインハロウィンで外出することの自粛を呼びかけていますが、10月からの東京都のGo Toトラベル参加や Go Toイートの促進で間違いなく渋谷へ人が集まってきます。ハロウィン目的ではなくても、日によっては ついでハロウィン で本来ハロウィン仮装で楽しんだこともないひとたちがプチ仮装、マスク仮装で渋谷の街に増えそうである。観光客やGo Toイートで外食が増えます。

今年のハロウィンの渋谷は○○日に比べて○○%の人出になりました。(携帯電話の位置情報より)

六本木は○○%です。

また渋谷ハロウィンで感染者○○人発生

渋谷センター街でクラスター発生!

などの報道が予想されます。

またハロウィン自粛警察が増加し、渋谷を任意パトロール、写真撮影してSNSにアップして誹謗中傷をする輩も目立つでしょう。

また年末のスクランブル交差点でのカウントダウンイベントは今年は中止ですが主催者がいて例年実施されてきました。渋谷ハロウィンでも主催してイベント実施をしてきていましたが、全体をまとめる主催者は現れず今にいたっています。主催者がちゃんとルール決めをすれば、ニューヨークのハロウィンパレードねカウントダウンのように世界に発信でき注目を浴びることができるのになぜやらないのか やれないのか?それは渋谷の歴史を調べれば想像がつきます。

なぜ渋谷に集まるのかをしっかり調査分析しよう!!

2020年も渋谷にはハロウィンで人は間違いなく集まります。コロナの感染者の拡大状況で自粛する人は増えるでしょうか例年のような大混雑はないと考えられます。しかしその分警備や交通整理でカバーしてきたところが手薄になり部分的な蜜になる場所が数か所発生するでしょう?

なぜ若者は渋谷へ集まるか?

なぜハロウィンの時期にはあふれるほど集まるのか?

渋谷の魅力は何か?

ハロウィン仮装の魅力は何か?

渋谷の歴史と渋谷でのハロウィンの広まり具合をしっか調査して解決策きずいてほしいものです。

日本ハッピーハロウィン協会ではすでに数案の策を用意しているので、追って提案、提言をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください