アイルランドの伝説

アイルランドの伝説です。

神秘的な伝説に彩られたアイルランドのクルアチャンの遺跡での話です。

サムハインの日にエリル王とメイブ女王が宴を開いていたとき、エリル王がこんなことを言い出しました。罪人あたりが吊るされてる絞首台の下に行って、死体の足首に小枝を結んでくる者はいないか、と。何人かが挑戦したものの、サムハインの夜にこの世をさまよう悪魔や悪霊が怖くなって逃げ帰りました。

勇敢な若者ネラが挑戦することになり、成功したら褒美に黄金の柄の剣をもらえることになりました。ネラが約束通り小枝を結ぶと、死体が水を飲みたいと言いました。死者がこの世に戻るサムハインの日だったからです。ネラは死体を背負って、みんなに怖がられてながら家々を訪ね歩いて3軒目でようやく水をもらい、また絞首台に戻しました。オラが褒美をもらおうと宮殿に戻ると、妖精たちが宮殿に火をつけ、人間をみな殺しにしていました。それを見たネラは、妖精の砦へ行き、そこでひとりに娘に出会いました。妖精の娘は「さっは見たのは幻ですただし、あなたが人間たちに警告しなければ、来年のサムハインの日に同じことが起きますよ」と告げました。ネラは自分の話を信じてもらうために妖精の砦から夏の花を持ち帰り、エリル王たちに警告しました。この伝説の結末は2っあってて1つは、ネラが警告しに帰ったのは1年後で、それまで娘と暮らしたという話。もう1つは、すぐに宮殿に帰って警告し、エリル王が妖精の砦を攻める前に娘を連れて逃げたという話です。どちらにせよ、ネラは自分の使命を果たし、この娘と結ばれたということです。

(引用 マイ・ヴィンテージ・ハロウィン  マリオン・ポール著 株式会社グラフィク社)

他にもハロウィンに関わる伝説はありそうです。

日本ではまだ伝説と呼ばれるような話はないですが、渋谷ハロウィンの都市伝説など

これから生まれそうですね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください