オアシス21閉鎖は本当に正しかったのだろうか?

2021年コロナ第5波が明けて迎えたハロウィン。

昨年は予想以上に人が集まってしまったオアシス21

今年は10/31の夜から完全封鎖を告知していたが、なんと前日の10/30からすでき閉鎖してしまっていた。

幸いに前日なので賑わい程度しか人は集まらなかったが、仮装せずに集まってきた若者たち。

今年は特にアジア系の若者の集団が目立った。

インバウンドでバス数台でサカエに乗り込んできたかの人数だ!

31日の夜はどうなるかわからないが、本当にこれでよかったのだろうか?

ソーシャルディスタンスや一方通行、入れ替えなどの人数制限でもよかったのではと思えた。

封鎖という強い措置はメリットデメリットがある。今回は若い人たちが発散出来なかったことと経済効果が無かったことが問題だ。

もっと知恵を出し合うべきだっただろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください