コロナ禍前のアメリカのハロウィン事情

お菓子、映画、肝試し、不気味な仮装…… 1800年代にアメリカで初めて人気となったハロウィーンは今や、一大産業になっている。

アメリカでは、人々はどのようにして10月31日を祝っているのか、見ていこう。


ハロウィーンは1921年、ミネソタ州アノーカで初めて市全域で祝われた。

1929年、仮装して楽しむ3人の少女たち。

Felix Koch/Cincinnati Museum Center/Getty Images

WalletHubによると、ハロウィーンを祝うのに最も良い場所は、例年ならニューヨークだという。気候が良く、街の雰囲気も親しみやすく、楽しいイベントも盛りだくさんだからだ。

今年はどうすれば安全に祝えるか、親たちが創造力を発揮している


仮装をして集まった人々(2018年、ニューヨーク市)。

Stephanie Keith/Getty Images

WalletHubによると、この数字は2019年にハロウィーンを祝う予定だった人の割合だ。


ハロウィーンは一大産業だが、誰もが大金を使うわけではない。

気に入ったカボチャを収穫する人々(コロラド州)。

Helen H. Richardson/The Denver Post via Getty Images

全米小売業協会によると、ハロウィーン消費の最高記録は2017年の91億ドル(約9500億円)だ。


事実、アメリカ人の76%がハロウィーンに使う金額は50ドル(約5200円)以下だ。

ラスベガスで開かれたハロウィーン・パーティーに参加する、元モデルで実業家のランディ・ガーバーと俳優のジョージ・クルーニー(2018年10月27日)。

Denise Truscello/Getty Images for Casamigos

かといって、こうした人々がハロウィーン・パーティーを全くしなかったとは限らない。


2019年のハロウィーン消費は88億ドルと見込まれていた。このうち26億ドルは「トリック・オア・トリート」用のお菓子だ。

「トリック・オア・トリート?」

Barry Chin/The Boston Globe via Getty Images

「トリック・オア・トリート」の使用が初めて確認されたのは1927年だ。


だが、お菓子の全てが子どもたちに行くわけではない —— 親の72%が子どもたちのお菓子をこっそりもらっているという。

2015年、ブルックリン。

Spencer Platt/Getty Images

アメリカで最も人気のお菓子は……

  1. スキットルズ
  2. リーシーズ・ピーナッツバターカップ
  3. M&M’s
  4. スニッカーズ
  5. スターバースト

2019年は、少なくとも32億ドルがコスチュームに使われた。

Joe Raedle/Getty Images

仮装は間違いなく年々、進化している


“プリンセス”になった女の子たち。

Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

子どもの衣装にもう少しアイデアが必要なら、こちらを参考に


一方、おとなは200万人が吸血鬼に、500万人が魔女になって街を闊歩した。

Paul Zinken/picture alliance via Getty Images

今年は何になるかまだ決まっていないなら、こちらを参考に


魔女のコスチュームは犬にも人気。


0 Replies to “コロナ禍前のアメリカのハロウィン事情”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください