ハロウィンビジネスの分析

今は新サービスや商品ができたときには、広告より先にプレスリリースを出してPRするのが主流です。ハロウィン関連のプレスリリースじょうきょうを2008年~今年9/7現在まで調べてみました。

プレスリリース総数約4600件。一番多かった昨年は1200件を超えています。

グラフでもわかるように確実にプレスリリースは増加しているので、それだけハロウィンでビジネスをしている企業が多いことがわかります。

毎年別の団体かせハロウィンの経済効果の数字が発表されますが、それによるとハロウィン市場は伸び悩みのように見えますが、それは各企業のマーケティングが偏っていて、多様化する消費者のニーズをしっっかりと捕まえてたいないため、商品・Serviceの売上も伸びないということなのでしょう。

まだまだハロウィンが目標とするクリスマス市場には差が大きいですが、バレンタイン市場とは僅差であるタイミングで抜き去り、大きく差をつけると思われます。

ハロウィン市場のニーズは地方創生・地域社会の活性化にあります。

もはやハロウィンは子供や若者だけではなく、全世代が自由に参加できる日本の新しい秋まつりへ進化しています。祭りは人がいきていく上でとても大切に考えなければならないイベントです。

今回のコロナ禍で生まれた悪疫・悪霊退散への願いと、自粛生活で貯まりにたまったもりを、感染防止対策をしたうえで一気に発散して非日常感を体験できる日10月31日のハロウィンは今年は土曜日になります。

おうちで、オンラインで思いっきり楽しみ経済効果をあげていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください