2021はりんごとハロウィン

ハロウィンといえばかぼちゃのイメージが強いとは思います。

しかしリンゴはハロウィンはもっとハロウィンに深いかかわりがあります。

ハロウィンとリンゴの関係を深堀りしてみましょう。

ハロウィンの食べ物は魔力に関するいわれがあります。ヨーロッパかにアメリカへ持ち込まれて広がった占いや予言ゲームに使われたものが多いのです。

また魔除けになると

ハロウィンのゲーム

アップルポピング

ハロウィンのお菓子

キャンディアップル  りんご飴

お祭りの露店などでよくみかけるりんご飴

りんご飴は1908年ニュージャージー州でキャンディ職人のウィリアム・コルブが最初に作ったといわれています。まずは赤く着色したシナモン入りのあめでリンゴをコーティングして店のディスプレイとしてが飾ってみました。これが売れて人気商品になったようです。

キャラメルアップルは大定番です。 キャラメルでリンゴをコーティングしてナッツやキャンディをトッピングしたりします

ハロウィンにはリンゴジュースがかかせません。

温めてスパイスを加えることでアレンジを楽しめます。

グレープジュースとリンゴジュースとジンジャエールのミックスもハロウィンの

おすすめのジュースです。

ユーミンこと松任谷由美さんは1979年には

「りんごのにおいと風の国」という歌で

そのころまだ日本では知られてなかったハロウィーンの情緒を歌っています。

りんごの産地青森では、りんごのハロウィンが毎年開催されています。

またりんごは料理やお菓子でかぼちゃとの相性がよい果物です。

かぼちゃのサラダにリンゴをいれるのがおすすめです。

風の時代、りんごのにおいと風の国へいってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください