2021年 仮装の流行予測

なんとか第三派の緊急事態宣言が解除されます。

からの第五派で9月末まで延長されてしまいました。

伝統のあるカワサキハロウィンは終了

他のイベントもほぼ中止です。

そしてなんと10月には、日本全国緊急事態宣言や蔓延防止が解除され、飲食店や商業施設の時短も解除になりました。

そしてハロウィンの日に衆議院議員選挙

懸念されるのはワクチン接種後の若者がまた渋谷に自然発生的に集まることです。

飲食店の時短とアルコール提供自粛要請で路上のみが夏場には流行ってしまいました。

とにかく今年は集まらないで楽しみましょう

第4波を6〜7月に想定しても10月末のハロウィンの時期には収まっており、イベントの感染防止対策をしっかりすれば、今年はハロウィンイベントが開催できそうですね?

当然自然に集まってくる渋谷や心斎橋などは別の対策が必要です。

ディズニーやUSJなどハロウィンイベントを実施してきた大型テーマパークも入場人数をゆるやかに緩和しイベント実施へと動いています。

コロナでオープンが遅れた新しいマリオのエリアもオープンになり、今年はまたマリオの仮装が増えそうです。

USJ内はゾンビとミニオンとマリオの仮装で溢れそうな予感です。

本来ハロウィン協会としては、ハロウィンにミニオンやマリオの集団仮装はお勧めしていません。ちゃんとハロウィンの由来を理解してお化け仮装を推奨しています。

しかし、コロナ禍で満足にハロウィンが楽しみにくくなった今、どんな仮装、コスプレでもOKです。仮装してなくてもOK!

今年は昨年の鬼滅の刃ほど流行る仮装はまだ予測できません。

しかしにわかに人気なのが

イカゲームです!

ジャージが流行りそう?

また選挙がらみで、タスキに白手袋の立候補仮装も多発しそうです。

ドンキもハロウィングッズ売り場はまだ盛り上がりにかけています。

秋の収穫を祝い、非日常感を味わえる特別な日を昨年の分も楽しんで欲しいものです!

もしコロナ感染拡大中なら、おうちハロウィン、オンラインハロウィンで楽しめます。

今年の秋はみんなでハッピーハロウィン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください